Car-orienteering information
2017年(平成29年)・カーオリ結果表

PDcc Top pageCARオリ Top page2017ポイント、 2017成績
平成29年第6回(通算320回)
開催日: 10月01日(日)


スタート: 埼玉県北本市
北本市文化センター(中央公民館)
ゴール: 同上
主催: かりん電鉄

 2017年度の第六戦です。 舞台は北本。
 今回はチームスバル555vivioとmakuroがハンデを抱えての戦いです。  朝晩は冷えるようになったものの日中はまだまだ暑い秋の空の元、7チームが参集しました。
 スタート&ゴールの中央公民館から西に用意されたCPを目指して出発、 大きく時計回りか反時計回りが考えられましたが、 多くは反時計回りに進んでいきました。
 ハンデを背負ったチームスバル555vivioは競技中に車両不調が発生し、修理を受けるためディーラーを経由。  同じくハンデを背負ったチームmakuroはODまでの走行でミスコースをしてやり直すなど序盤から大不調、CP2カ所を見つけられずと 大乱調。

 乱戦を制したのは、狭い道を果敢に攻めて距離を縮めたチームMACでした。 ゴール後に行われたあみだくじゲームでもボーナス2km を獲得し、次回ハンデが4kmになるというおまけつきでした。

 次回は12月最終戦、チームmakuro主催です!


WINNER : MAC
順位 チーム名 クルマ 走行距離 ハンデ ペナ/
ボーナス
総合得点 point 次回
ハンデ
1 MAC 赤コペン 79.80 - -5 74.80 10 4
2 昴人 小山猫車弐式 81.80 - -3 79.80 8 -
3 SUBARU555vivio ヴィヴィオRX-R(KK4) 84.06 1 -2 83.06 6 -
4 高柳チーム SYLPHY 87.42 - -4 83.42 5 -
5 BA VEZEL 91.40 - -4 87.40 4 -
6 携帯空間 ファンカーゴ 91.40 - -4 87.40 3 -
7 makuro 澤風X 94.19 3 -2 125.19 2 -
* かりん電鉄 (主催) - - - - - 2 -

〇アンケート結果について。

Q1 回ったCP順を教えてください。

ST→L→N→M→I→J→K→H→G→B→A→E→F→C→D→GOAL
ST→D→C→F→E→A→B→G→H→K→J→I→M→N→L→GOAL
ST→D→C→F→E→A→B→G→H→K→J→I→M→N→L→GOAL
ST→D→C→F→E→A→B→G→H→K→J→I→M→N→L→GOAL
ST→D→C→F→E→埼玉スバル東松山店→A→B→G→H→K→J→I→M→N→L→GOAL

☆主催者コメント
今回は直線で行けそうで行けないをテーマにコースを作ってみました。
みなさまのコース取りを見てみると確かにバリエーションが少ない
コース設定となってしまっています。
次回以降の作成の参考にしたいと思います。

Q2 今回のCP設定についてのご意見。

NCPがわかりにくかった。
CCPとNCPの位置がわからなかった。
周りかたの選択肢が少ないです。
周った順番にもっとバリエーションが出るようにしてほしい。
見つけやすい、良い設定。
直線で行けそうで行けないうまい設定です。

☆主催者コメント
NCPがわかりづらいというご意見がいくつかありました。
わかりやすいCP設定を心掛けたいと思います。

Q3 今回面白かったCPとその理由。

GCPの電車の眺めがよかった。
LCP
ACP→BCP KCP→JCP むちゃくちゃ狭い道が楽しかった。
ヒルトップファームはもう一度行って写真を撮りたい。
東京スカイダイビングクラブの場所がわからず飛行場から探して30分。

☆主催者コメント
電車の眺めはずらっと並んでいる姿をお見せしたくCPにしました。
また、ヒルトップファームは食事もでき、またブルーベリー狩りもできます。

Q4 感想。

NCPは教えてもらえなかったらわかりません。
CPの位置がわからず難しかった。
楽しいカーオリ的な道がたくさんあって面白かった。
カット無し賛成!
2Km〜4Kmは探しに歩いてそのあと車で行った。

☆主催者コメント
今回も参加いただきありがとうございました!
次回は最終戦ですね。
この1年もあっという間でしたね。


平成29年第5回(通算319回)
開催日: 08月06日(日)


スタート:  埼玉県羽生市 道の駅はにゅう
ゴール: 埼玉県羽生市
ワークヒルズ(勤労者総合福祉センター)
主催: SUBARU555vivio

 2017年度の第五戦です。 舞台は羽生。
 夏!というよりは梅雨・・・の最中、スタート地点の道の駅はにゅうは曇天。  集合時間前に全7チームが集合。
 今回は利根川を挟んで群馬南部と埼玉北部を巡るレイアウト。  利根川横断に高速を利用するか? 熊谷でかき氷”雪くま”を食べる? XCPをどう攻略する?  といった課題が用意されました。

 館林に設定されたCPは館林ICから近い。 高速に出入りするためのランプの距離を勘案すると、下道より・・・?
 熊谷市に設定されたCP、周囲には”雪くま”を出すお店が多数あり、どこかで食して写真を撮ってくると-1kmボーナス。
 加須市に設定されたCPのクイズになった橋の欄干。  は、掛け替えに伴い展示物となったものでしたが、その橋がもともとかかっていた場所で、すぐそばにあるポストの番号を回答すると-3km。

 各チームはそれぞれの思惑で北へ東へ西へと出かけていきました。

 優勝は、成績低迷が続いていたチームmakuroでした。  橋のXCPを最優先に取り、羽生→館林を高速利用することで距離を縮めたことが勝因になりました。  が、頑張りすぎが災いして次回ハンデが3km。
 最短距離を駆け抜けたのは、主催者が想定した最短ルートを辿ったチーム昴人でした。 が、クイズ1問を誤答して+10kmペナを 喰らうという痛恨のミスで4位に低迷。 ただし、ペナがなくて見事優勝となったときは次回ハンデ4kmになるところだったので、 納得(?)の4位でした。

 次回は10月! 秋の陣です!


WINNER : makuro
順位 チーム名 クルマ 走行距離 ハンデ ペナ/
ボーナス
総合得点 point 次回
ハンデ
1 makuro 澤風X 108.370 - -5 103.370 10 +3
2 MAC 赤コペン 109.700 - -3 106.700 8 -
3 SAQR AE86 109.018 - -5,+3 107.018 6 -
4 昴人 小山猫車弐式 104.300 - -6,+10 108.300 5 -
5 BA VEZEL 113.687 - -5 108.687 4 -
6 携帯空間 ファンカーゴ 118.600 - -5 111.600 3 -
7 高柳チーム インプレッサ 114.616 - -3 111.616 2 -
* SUBARU555vivio 主催 - - - - 2 -

平成29年第4回(通算318回)
開催日: 07月09日(日)


スタート: 埼玉県北本市
北本市文化センター(中央公民館)
ゴール: 同上
主催: かりん電鉄

 2017年度の第四戦です。 舞台は北本。  今回は尾針さん墓参が組み込まれました。 平成22年5月19日に逝去されて以来、はや7年。  遺志を継いだ後輩たちによってカーオリは続いています。
 梅雨明けしたんじゃ??? と思わせる上天気の中8チームが集合。 CPは尾針さんの眠る嵐山メモリアルパークと スタート/ゴールである北本市文化センターを頂点としたひょうたんのような配置。  南から回っても、北から回っても、ほぼ中間点で尾針さんにご挨拶です。  各チームは熱い日差しの中、北へ南へと赴いていきました。

 今回はクイズを解いた場所で分かるボーナスと、嵐山町役場を歩き回って解くボーナスが用意され、 多くのチームが無難に獲得したものの、1つ、スタート地点にも用意されていたボーナスクイズは見落とすチームが続出。

 墓参にCPクリアにクイズ解きにと奔走しつつも、全チームが制限時間内に無事完走。
 勝利を飾ったのは、前回に引き続きチームSUBARU555vivioでした。
 第三戦以後いまひとつ調子の出ないチームSAQRは墓参に集中するあまり嵐山町役場に立ち寄るのを忘れるという痛恨のミス、 次戦で調子を取り戻せるか??
 次回は8月、チームSUBARU555vivio主催です!


WINNER : SUBARU555vivio
順位 チーム名 クルマ 走行距離 ハンデ ペナ/
ボーナス
総合得点 point 次回
ハンデ
1 SUBARU555vivio ヴィヴィオRX-R(KK4) 76.02 - -8 68.02 10 +1
2 BA VEZEL 78.93 - -9 69.93 8 -
3 MAC 赤コペン 79.16 - -9 70.16 6 -
4 昴人 小山猫車弐式 78.70 - -8 70.70 5 -
5 makuro 澤風X 79.14 - -8 71.14 4 -
6 携帯空間 ファンカーゴ 81.80 - -7 74.80 3 -
7 高柳チーム インプレッサ 83.88 - -8 75.88 2 -
8 SAQR AE86 80.63 - -4
+10
86.63 1 -
* かりん電鉄 主催 - - - - 2 -

〇アンケート結果について。

Q1 回ったCP順を教えてください。

GEDIBACFHKMNLJ
GEDIBACFHKMNLJ
GEDBACFHIKMNLJ
GEDIBACFHKMNLJ
GEDFJBACFHKMNL
JLNMKHFCABIDEG
JLNMKIHFCABDEG
JLNMKHFCAIDEG(あれ?Bがない。。。)

※主催者より
今回のレイアウトは北本をスタートゴールとして嵐山までの一直線と なるよう当初は配置をしてみましたが、いかんせん面白見にかけるので、 中間の東松山あたりから南にCPを増やしていき、そして、高速道の インター近くにCPを配置し、高速に乗ってもよいようなレイアウトに しましたが、実際は下道で走ってちょうど良かったようでした。
みなさまの回りかたをみてみると、大きく2パターンになりました。 時計回りか、半時計回りかですね。
前回までは川を使って、河川敷にCPを配置したいやらしい作りでしたが、 今回はある意味普通のカーオリになってしまったのが、むしろ久々で 新鮮であったのかも知れません。
次回、作成の機会がありましたら、埼玉の自然を楽しんでもらえるような コースにしたいと思います。
ご参加ありがとうございました。

Q2 今回のCP設定についてのご意見。

わかりやすかった。
駐車も問題なかった。
ルートの選択の余地が少ない。
まあまあです。
お墓参り重要!実に有意義でした。
良い配置。

※主催者より
わかりやすかったのはよかったかもしれません。
当初、FCPの縁切橋は場所が特定しずらいかと思い採用されず、 縁切橋の北東にある源家のお墓にしようとしていたのですが、 道路幅が狭く車を止められない、敷地内は私有地で立ち入りができないとの ことで後日、近所をさがしていたら偶然見つけたのが縁切橋でした。
由来も面白いと思ったのですが、ネット上で由来の案内看板の文章が すべてくっきりとアップされていたので、案内板の後ろにある電柱の 文字をチェックとした次第でした。

Q3 今回面白かったCPとその理由。

BCP(見落としていたので)
縁切橋(伝えが面白い)
BCP暑い中、役場の周りを散歩した。
F〜Hの間の橋のまわりがBBQ広場になっていた。
CCP買い物を楽しみました。
BCP X2つできなかった。

※主催者より
BCPの嵐山町役場が意外と面白いとのご意見をいただきました。
カーオリと言えば嵐山町役場、そして尾針さんです。
たくさんの思い出がある役場をどうしてもCPとして使いたかったので、 今回それができたのでうれしかったです。
取材当日は土砂降りの雨で、その雨の中役場の周りを散策してつくったのが X問題2問でした。
結構みなさま正解をされていたので、これはこれでよかったかな。

Q4 感想。

X問題は時間がかかります。2か所見つけられず。
距離、時間がちょうど良かった。
エアコンがほしい。暑かった。
天気が良く楽しめました。
運営ご苦労様でした。
久しぶりに距離と時間がちょうど良いカーオリでした。
市ノ川沿いのダートは最高です。
遅刻せず良かった!
ごくろう様です。

※主催者より
X問題を増やすのことで時間が足りなくならないように、基本CPから よく周りを見るとある配置にしました。
それでも、答えることができない方もいたので主催者としては、 まずまずだったかもしれません。
しかし、XCを当てる人がいるとは驚きました!!
XKは全員不正解であったのは納得できます。
(わかるわけないですよね。。失礼しました。)
ゴール後の娘発案のくじ引き大会もそれなりに盛り上がったので、 よしとしたいと思います。
みなさま、一日大変お疲れさまでした。


平成29年第3回(通算317回)
写真はこちら
開催日: 06月11日(日)


スタート: 北橘町サージタンク前の広場
ゴール: 渋川市勤労福祉センター
主催: BA

 2017年度の第三戦です。 舞台は前回に引き続き群馬。  今回はチームBAの初主催、スタート/ゴール地点は渋川市です。
 6月の第二週、梅雨のまっただ中、と思いきや。 まるで五月晴れのような上天気、絶好のドライブ日和になりました。

 今回はボーナスクイズが9問用意され、その内の2問は”難解ボーナス”として見つけたら追加ボーナスを進呈。
 綺麗に晴れたこともあり、各チームはCPでクイズを探し求めて右往左往したのでした。

 そのためか、総距離が短めに設定されて時間に余裕があるはずだったにも関わらず5チームが遅刻するという事態に。
 戦いを制したのは、遅刻ペナルティを受けたもののクイズをきっちり解いて最短距離を刻んだ、チームSUBARU555vivioでした。
 次回は7月、チームかりん電鉄主催です!


WINNER : SUBARU555vivio
順位 チーム名 クルマ 走行距離 ハンデ ペナ/
ボーナス
総合得点 point 次回
ハンデ
1 SUBARU555vivio ヴィヴィオRX-R(KK4) 84.20 - -6
+3
81.20 10 -
2 MAC 赤コペン 85.30 - -3.5 81.80 8 -
3 かりん電鉄 スマートフォーフォー 87.31 - -4 83.31 6 -
4 昴人 小山猫車弐式 86.33 - -3.5
+1
83.83 5 -
5 高柳チーム SYLPHY 88.58 - -3.5 85.08 4 -
6 SAQR AE86 85.39 - -4.5
+6
86.89 3 -
7 makuro 澤風X 88.40 - -5.5
+12
94.9 2 -
8 携帯空間 BB 85.60 - -4.5
+12,+3
96.1 1 -
* BA (主催) - - - - 2 -

平成29年第2回(通算316回)
開催日: 04月09日(日)


スタート: 藤岡中央公民館
ゴール: 同上
主催: 昴人

 2017年度の第二戦です。 舞台は群馬。
 各チームがそろった時点では曇り空。  スタート後は雨が降ったりやんだりと安定せず、桜が散りゆく中の競技となりました。

 今回はチームHINBONが初参戦でエントリ。久しぶりのニューカマーです。  初参戦のチームには、「当該戦の最短距離の10%」がボーナスとして与えられます。
 久しぶりの参戦となった小川チーム、新型車両をデビューさせたチームBA、 ナンバープレートをリニューアルしたチームMACを交えた10チームが雨模様の藤岡中央公民館に集合。

 設定されたCPは全てドラマもしくは映画のロケ地になった場所で、ファンにとっては「聖地巡礼」でした。
 群馬県庁の地下駐車場に車を止めて4つのCPを歩いて巡る珍しい試みも行われた今回の戦いを制したのは、 チームSAQRでした。 チームSUBARU555vivioが肉薄したため次回ハンデは0km。  初戦を制したチームMACは今回は9位と出遅れ、年間戦は混戦状態に。  次回は渋川開催です!!!


WINNER : SAQR
順位 チーム名 クルマ 走行距離 ハンデ ペナ/
ボーナス
総合得点 point 次回
ハンデ
1 SAQR AE86 86.537 - -7 79.537 10 -
2 SUBARU555vivio ヴィヴィオRX-R(KK4) 86.052 - -6 80.052 8 -
3 かりん電鉄 スマートフォーフォー 87.5 - -6.4 81.1 6 -
4 HIBON コペン 99.938 - -6
-8.653(*)
85.284 5 -
5 携帯空間 ファンカーゴ 92.9 - -6 86.9 4 -
6 高柳チーム SYLPHY 93.659 - -6 87.659 3 -
7 小川チーム アウトランダー 88.3 - -6
+10
92.3 2 -
8 BA VEZEL 88.867 - -6
+10
92.867 1 -
9 MAC 赤コペン 94.25 - -4.8
+10
99.45 1 -
10 makuro 澤風X 83.484 - -4
+28
107.48 1 -
* 昴人 (主催) - - - - 2 -
 (*)最短距離=86.537の10%=8.653km

平成29年第1回(通算315回)
開催日: 02月05日(日)


スタート: 千葉県柏市
増尾城址公園そば増尾湧水
ゴール: 千葉県柏市
沼南公民館
主催: 高柳チーム

 2017年度の開幕戦です。 舞台は千葉県。
 すっかりおなじみになった増尾城址公園に7チームが集合。  午後からは天候が崩れる、という予報でしたが、スタート時はきれいに晴れて上々の開幕となりました。
 今回はスタート地点から北西にちりばめられた11カ所のCPを巡る戦い。
 初戦をモノにしてはずみをつけたいっっっ。 と、己の信じるコースをたどった各チーム。
 昼前には天候が怪しくなり、小雨がぽつぽつ落ちてきた場所もありましたが、傘の出番なしに競技を終えることができました。

 突破できるか判らない道をおそるおそる進み、結果見事距離を縮めることに成功したチーム、  一通出口や交通規制というカーオリあるあるをやらかしまくったチーム、  吟味したコースをたどって距離を縮めた、は良かったけれどタイムオーバーしてしまったチーム。。。

 開幕戦を制したのは、チームMAC。 2位との差が 1km 未満で次回ハンデなしの完勝。 さい先良いスタートとなりました。


WINNER : MAC
順位 チーム名 クルマ 走行距離 ハンデ ペナ/
ボーナス
総合得点 point 次回
ハンデ
1 MAC 赤コペン 82.2 - - 82.2 10 -
2 SAQR AE86 82.5676 - - 82.5676 8 -
3 SUBARU555vivio ヴィヴィオRX-R(KK4) 82.63333 - - 82.6333 6 -
4 昴人 小山猫 82.3 - 3 85.3 5 -
5 携帯空間 ファンカーゴ 86.3894 - - 86.3894 4 -
6 BA アコードCL1 87.3 - - 87.3 3 -
7 makuro 澤風X 88.44 - - 88.44 2 -
* 高柳チーム (主催) - - - - 2 -

PDcc Top pageCARオリ Top page2017ポイント、 2017成績
victor